2018/7Bの日記

 関東にいた頃よりも、よっぽど梅雨らしい日が続く札幌。そんな雨の週末、アメリカンウィートを2次発酵容器に移した。写真はその時のもの。

f:id:vvm:20180701202344j:plain

 なんちゅー白さ。こんなに白いビール、はじめてだ。低温発酵でゆっくり発酵させたので、まだ酵母が沈み切っていないってところが白さの答えだと思うが、ここまで白くなったのは初めてでうれしい。味は、さわやかさとまろやかさが相まっておいしい。

 

 写真で使っているグラスは、ベルギービールウィークエンドのグラス。雨の合間に行ってきた。このグラスを買わないと飲めないというシステムってどうなんだろう。グラスにこだわるのがベルギービールってところを表現したいんだろうけど、こういう粗悪なグラス持って帰らされるのって処分に困るんだよね。入場料とっていいからグラス要らない。ビールはおいしいかったよ。中でもセーフビールが最高においしかった。

 

 話をアメリカンウィートに戻す。こちらは比重と温度の遷移図。狙い通り18~19℃をコントロールできている。

f:id:vvm:20180701210037p:plain

 イーストが激しく活動するときは、セラー内がエステル香で充満するのだが、今回はそれがなかった。ちょっと不安になって、4日目頃に袋を開けてみたら、すさまじいロッテンエッグ臭!!何かやらかしてしまったのかと色々調べたら、WLP060の特徴として発酵時にSulferを発するとのこと。今まで何回か使ったときに気付かなかったのは、エステル香で中和されてたのだとおもう。硫化臭はだいたい発酵中に揮発してなくなるので、その後はなくなった。

 White LabsのHP抜粋。最後の一文に書いている。ホントその通りなんだよね。

f:id:vvm:20180701215530p:plain

 

 お次は、培養中のイーストの話。エルディンガーヴァイスのイーストが順調に増えている。今はまだ1.025くらいの比重で育ている。来週末には500ml容器で1.030くらいで培養。その次くらいに、本醸造してみるかな。

f:id:vvm:20180701202423j:plain

 対して、ラグニタスのイーストはなんか汚いんだよね~。増えているから、育っているようなんだけど。

f:id:vvm:20180701202425j:plain

 

 最後は、ヴァイツェンの様子。

ヴァイツェン(Ver201805) - homebrew diary

f:id:vvm:20180701215234j:plain

 けっこううまい。けど、本場のヴァイツェンにはあと一歩足りない。74点ってところ。口に含んだ瞬間のフレーバーがまだまだ弱い。何とかこれを強くしたいんだけど、温度上げればいいのかな。醸造時の記録を見返したら、発酵初期の温度がかなり低い。今度は23℃~26℃くらいでガンガンにイーストを働かせてみようと思う。

 

f:id:vvm:20180701220243p:plain

 

以上。