評価

セッションIPA(Ver202005-2)

前回のセッションIPAの出来に気分を良くして、WLP090を使ったセッションIPAを立て続けに造ることに。今回はレシピと評価をまとめて報告。 Batch Size 11リットル Grain bill US2row 92% C40 3% CaraPils 5% SRM=4.1 ※モルト構成は前回と同じ。 Mash セルロー…

セッションIPA(Ver202005)の出来

こちらのビールが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com 瓶詰時、まさかのイマイチな香りだったが、1週間のボトルコンディション期間を経てどうなったか。戦々恐々と開栓。 おおー!ヘッドがモリモリでうれしい。カラピルスのおかげかな。色も透明感のあるオ…

イングリッシュIPA(Ver202004)の出来

こちらのビールが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com 瓶詰時、イーストの状態がイマイチだなと感じたこちらのビール、あまり期待せずに開栓。 色はブラウンで、イングリッシュエール感があっていいね。 しかし口に含んだ第一声は「すっげーイマイチ」。う…

オーディナリー・ビター(Ver202004)の出来

こちらのビールが出来た?ので評価。 vvm.hatenablog.com オーディナリー・ビターのスタイルの特長の一つにローカーボネートがある。調べると1.5GVあたりのようだ。と言うことで、ターゲット1.5GVでプライミングシュガーを入れて瓶詰め。当然ながら、2週間経…

マッシュ効率チャレンジ(Ver202003)の出来

こちらのビールが出来たので評価。マッシュ効率97%という驚異的な数値をたたき出した、その結果はいかに? vvm.hatenablog.com なんか濁っている。ボトリング時にフィルタを使ったのだけどなぁ。今年は4回フィルタを使ったが、どれもうまくいかなかった。プ…

もみ殻を使ったホワイトIPA(Ver202003)

※マッシュ効率の感想が、いろいろ間違っていたので修正。 ホワイトIPAを過去に2回醸造して、どちらも良い出来で気に入ったのでレギュラー醸造することにした。 ホワイトIPA(Ver201907) - homebrew diary ホワイトIPA(Ver202001) - homebrew diary しかしレ…

古き良き時代のIPA(Ver202002)の出来

こちらのビールが完成したので評価。さて、あの日を思い出させてくれるだろうか。 vvm.hatenablog.com その前に、瓶詰時のことを記録しておく。 澱引き後、ドライホップして2週間ほど経過した写真。ホップぜんぜん沈んでない。 ここから、あく取りお玉で浮い…

2019年度下期振り返り

今回から、振り返り期間をFYにした。1月はラガー切り替え時期で、上期と下期で評価数が偏るからだ。今回だけ2019年7月~2020年3月の振り返りになる。 振り返りルール 上期 4月~9月に飲んだビールが対象下期 10月~3月に飲んだビールが対象小バッチの試験醸…

なんとなくシュバルツ(Ver202002)の出来

こちらのビールが出来たので評価。なんとな~く作ったこちらの作品、さていかに。 vvm.hatenablog.com 試験官カーボネーション品を開栓。 色は重みがない黒。グラスの端でほのかに赤いのがかっこいい。しびれる。 スタウトとは違う、ライトな黒さがわかるだ…

ジャパニーズラガー(Ver202001)の出来

こちらのビールが出来たので評価。モルト67%で仕込んだ、かつてのぎりぎりビールの出来はいかに? vvm.hatenablog.com 今回のビール、味よりも色に期待している。モルトをかなり少なくすることで、大手ラガーのあの色を出せるのではないか?と言うわけで、今…

グルコシダーゼを使った醸造(4)

こちらのビールが出来上がったので評価。 グルコシダーゼを使った醸造(1) - homebrew diary グルコシダーゼを使った醸造(2) - homebrew diary グルコシダーゼを使った醸造(3) - homebrew diary 仕込んだ3バッチの条件をおさらい。 バッチA:マッシング…

ホワイトIPA(Ver202001)の出来

こちらのビールが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com 2/2に瓶詰め。数本をプライミングシュガー無しにして、試験官カーボネーションしようと思ってたら、ボトルコンディション品が1週間でパンパンになってた。さすがケルシュイーストなのか? さて乾杯。 …

ヘレス(Ver201912)の出来

こちらのビールが出来たので評価。 今季初ラガーのお手並み拝見。 vvm.hatenablog.com ちなみに今回は試験官カーボネーション品。 色は濃い。ヘレスならもっと薄くしないと。モルト100%は、どう頑張ってもこれくらいの色になってしまう。副原料を使わず色を…

汚染ビールを救えるか?の結果

こちらのビールを開栓。 vvm.hatenablog.com 星をつけていただいてありがとうございます。 こちらが開栓ビール。この寒さにもかかわらず早くカーボが入って、しっかりとヘッドがあるのはうれしい。 きれいな色してるだろ。ヘイジー系を目指したんだぜ、これ…

ホット・ヴァイツェン(Ver201910)の出来と、4種ヴァイツェンの評価

こちらのビールが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com これぞビールって色。イーストはなんだか顆粒状で柔らかくない。アロマはヴァイツェン特有の押しが強いにおいだけど、いつも通りの力弱さ。味はノーブルを通り越して薄いと感じる。ヴァイツェンっぽい…

ホッピー・ヴァイエンシュテファン(Ver201909)の出来

こちらのビールが完成したので評価。 vvm.hatenablog.com 今回のビールはペールエール系の材料を使っているので全体的にオレンジ。そこにイーストヘイジーが合わさって、飲みごたえがありそうな良い色。 お次はアロマ。瓶詰め時にネルソン・ソーヴィンのマス…

ヴァイツェン(Ver201909)の出来

こちらのヴァイツェンが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com 瓶詰め2週間経過。カーボがしっかり入っていることを確認して開栓。500mlが入る大き目のグラスを準備して、瓶底のイーストまで溶かして入れる。 色は柔らかいイーストヘイジーで100点。アロマは…

ヴァイツェン(Ver201908)の出来

こちらのビールが完成したので評価。 vvm.hatenablog.com 前にも書いた通り、3週間2次発酵したせいで清澄度高い。きれいなので瓶底イーストを入れずに飲んだ。味はきわめてノーブル。ラガーとエールの中間のような味。若干薄いと感じる。しかし、薄い中でも…

ベルジャントリプル(Ver201906)の出来

こちらのトリプルを開栓したのでその報告。開栓したのは結構前だけどね。 vvm.hatenablog.com 色は想定よりだいぶ濃くなってしまった。もっと砂糖の比率あげたほうがよかったのかな。 清澄度は低い。イーストが原因だと思うけどカスミがかっている。 味はば…

ホワイトIPA(Ver201907)

こちらに続いて、 ベルジャンイーストで作るIPAの第二弾。 vvm.hatenablog.com 今回のスタイルはホワイトIPAということで、グレーンビルドはヴィットを手本で、爽快なアメリカンホップをぶち込んでみようと思う。 さて前にも書いたが、ヴィットは小麦玄麦を…

2019年上期振り返り

気付いたら7月も後半。上期の振り返りをしておこう。 今回から、試験醸造作品(イーストを起こすための小バッチ品)は評価対象外とする。 ・1月 なし 月2で定期的に醸造しても、冬の発酵が遅くてこんな期間が発生する。 ・2月 シメイレッドクローン シメイレ…

ミルク・スタウト(Ver201905)の出来

こちらのビールが完成したので評価。 vvm.hatenablog.com 5/26に仕込み、長めの貯酒期間をへて6/16に瓶詰め。2週間のボトルコンディションでしっかり炭酸が入ったようだ。今回は初の熱処理を施したが、どんなもんだろうか。いざ開栓。 黒い。 照明にかざして…

アイリッシュ・IPA(Ver201905)

Wyeast 1084 アイリッシュ・エールイーストを使ったIPA。紛らわしいが略すとIIPA。5月11日に仕込んで、瓶詰から2週間経過したのでレシピと評価を同時報告。 シングルホップにする予定だったが、本当のシングルホップにするとターゲットIBUに達しないので、ビ…

インターナショナル・アンバー・ラガー with Kölsch (Ver201904)の出来

無駄にタイトルが長い。要するにこちらのビールができたので評価。ケルシュイーストを使った今期最後のビールだ。 vvm.hatenablog.com こちらが写真。アンバーにイーストヘイジーが加わってきたない色。 NEのイエローヘイジーはもう古い!これからはアンバー…

へレス(Ver201903)の出来

こちらのビール、4/20に瓶詰めして早速テイスティング。 vvm.hatenablog.com みなさんはミュンヘナ―へレスというビールスタイルをご存知か。自分は何回か飲んだことあるが、説明する自信がないのでビアスタイルガイドラインを引用しておく。 www.brewersasso…

アメリカンウィート with Kölsch(Ver201903)の出来

こちらのビールが完成したので評価。 vvm.hatenablog.com 今回はボトルで自然カーボネーション。冬の間はカーボ入るまで2ヵ月かかったが、たった2週間でこのヘッド。暖かくなるとイーストがこんなにも元気なのか。 色はいい感じにストローイエロー。香りはケ…

ポラリスラガー(Ver201901)の出来

3/10に瓶詰したこちらのビールの評価。 vvm.hatenablog.com こちらのビールの工程は、1/27に仕込み、3/10に瓶詰、そして4/7に開栓。仕込みから2ヵ月強ってことで、ラガーは本当時間がかかる。 さて、味見。味は予想通りイースティ―で、ジャパニーズラガーと…

ケルシュ(Ver201902)の出来

今冬の仕込みはラガーとケルシュを繰り返してて、今回はケルシュ。ラガーは発酵に時間がかかるので、月2ペースで作ると設備がスタックしてしまう。エールのケルシュを挟むことで、それを緩和ができると期待してのスケジュールだ。 さて、このイーストはVBNC…

ベルジャンIPA(Ver201812)の出来

こちらのビールが、ようやく飲み頃になったので評価。 vvm.hatenablog.com 仕込が12/16,で、瓶詰が1/13。そして2ヵ月ボトルコンディション。ようやくカーボがそれなりに入った。 色は若干ヘイジー。ホップヘイジーというより、このイーストの特長だと思う。…

プラズドロイクローン(Ver201901)の出来と試験官カーボ

こちらのビール、仕込から2ヵ月経過。まだ瓶詰から2週間しか経っていないが、飲むことにした。 vvm.hatenablog.com しかし、案の定ペットボトルはブヨブヨで、やっとカーボが入り始めた頃合い。なんつうか、12月頃から仕込むビール仕込むビールことごとくカ…