古き良き時代のIPA(Ver202002)

IPA。情報処理推進機構と同じ名前のビールがあることを知ったのは2015年の夏だった。イギリスからインドへの長い航路でビールが腐らないようにアルコールとホップを強めにしたとかいろいろ由来はあるようだが、初めて飲んだIPAの苦味は言葉よりも強く五臓六…

ジャパニーズラガー(Ver202001)

今日は字ばっかり。 ちょっと前までの日本のビールの原材料定義をご存じだろうか。そう、67%はモルトを使いなさいという謎ルール。今は50%まででいいんだっけ?もうようわからん。「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」というドイツの荘厳な…

ホワイトIPA(Ver202001)の出来

こちらのビールが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com 2/2に瓶詰め。数本をプライミングシュガー無しにして、試験官カーボネーションしようと思ってたら、ボトルコンディション品が1週間でパンパンになってた。さすがケルシュイーストなのか? さて乾杯。 …

ヘレス(Ver201912)の出来

こちらのビールが出来たので評価。 今季初ラガーのお手並み拝見。 vvm.hatenablog.com ちなみに今回は試験官カーボネーション品。 色は濃い。ヘレスならもっと薄くしないと。モルト100%は、どう頑張ってもこれくらいの色になってしまう。副原料を使わず色を…

ホワイトIPA(Ver202001)

昨年造ったこちらのビール。年末に最後の1本を飲んだのだけど、恐ろしく旨かった。当時の評価をみても95点と高得点を与えているが、今飲んだらそれ以上かも。特に秋口から造ったビールがいまいちな出来ばかりだから余計そう感じた。 あの奇蹟をもう一度。と…

グルコシダーゼを使った醸造(3)

グルコシダーゼを使用した醸造の続き。2週間で発酵が落ち着いたので、本日澱引き。さて比重はどうなっただろう。 前回の記事はこちら。 グルコシダーゼを使った醸造(1) - homebrew diary グルコシダーゼを使った醸造(2) - homebrew diary 仕込んだ3バッ…

ヘレス(Ver201912)

今季初のラガー。本当は11~12月はLondon AleⅢで遊ぶはずだったのだが、自分がやらかして汚染してしまった(こちらの記事参照)ので、早々にイーストを処分してラガーの醸造を前倒しした。ちなみに、汚染したイーストで仕込んだシードルはいよいよ臭かったの…

グルコシダーゼを使った醸造(2)

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 早速ですが、こちらの続編。 vvm.hatenablog.com 年明け早々にα-グルコシダーゼを使用した醸造をおこなった。 レシピはこちら。レシピは1バッチの情報。これを3バッチ仕込む。3バッチと言って…

グルコシダーゼを使った醸造(1)

α-グルコシダーゼを入手したので、それを使った醸造に挑戦。その前にグルコシダーゼのお勉強をしたので、ざっと記録しておく。いろいろ間違っているところがあると思うので、そのつもりで読んでいただければ。 α-グルコシダーゼとは、グルコースとのグリコシ…

「グランドキリン オレンジIPA」が旨い

久々に市販ビールの紹介。 オレンジピールを使ったこちらのグランドキリンが旨い。何度かオレンジピールやゼストを使った仕込をしたことがあるが、どうしても柑橘特有の苦みがついてしまって、好きな感じにならなかった。このビールは無駄な苦味がなく、それ…

アロマの勉強

フローラル、フルーティー、アーシー、シトラス。これらの言葉を聞いて、即座に鼻のピントが合う人はどれくらいいるだろう。ビール好きって言ったって、仕事で携わっているわけでもない我々は、それら言葉をなんとなくイメージしているだけじゃないだろうか…

汚染ビールを救えるか?の結果

こちらのビールを開栓。 vvm.hatenablog.com 星をつけていただいてありがとうございます。 こちらが開栓ビール。この寒さにもかかわらず早くカーボが入って、しっかりとヘッドがあるのはうれしい。 きれいな色してるだろ。ヘイジー系を目指したんだぜ、これ…

汚染ビールを救えるか?

こちらのビールが汚染したようだ。 vvm.hatenablog.com 澱引きの時に硫黄臭に気づいたのだけど、イースト古いし、しゃーないなー。くらいしか思ってなかった。しかし、同じイーストを使った試験醸造品を飲んだら、そんな臭いも感じず、全然おいしいんだよね…

シードル(Ver201911)

今回はシードルに挑戦。シードルはリンゴのお酒なんだけど、呼ばれ方は各国微妙に違って、イギリス圏ではサイダー。自分がサイダーと言うときは頭に「三ツ矢サイダー」が浮かんでたから、ちょっと新鮮な知識更新。アメリカではアルコールの高いシードルは「…

ホット・ヴァイツェン(Ver201910)の出来と、4種ヴァイツェンの評価

こちらのビールが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com これぞビールって色。イーストはなんだか顆粒状で柔らかくない。アロマはヴァイツェン特有の押しが強いにおいだけど、いつも通りの力弱さ。味はノーブルを通り越して薄いと感じる。ヴァイツェンっぽい…

New England IPA(Ver201911)

※コンタミしたのでカテゴリー「失敗作」追加。コンタミした理由はホップ投入温度。 11~12月はWyeast 1318 London AleⅢイーストを使って醸す。Lodon Ale Ⅲと言えばNE IPAスタイルに適したイーストで有名。10Mからスタータで起こし、10Eに試験醸造でかるく肩…

ハラタウの調査

夏に発注したホップが迷子になってしまって、いよいよ手持ちのホップが底をついてきた(迷子になった話はこちら)。再度ホップを見積もり直して注文することに。 冬に向けた醸造なのでノーブル系の出番が多くなるかなと、ハラタウをカートにポン。ここで久々…

ホッピー・ヴァイエンシュテファン(Ver201909)の出来

こちらのビールが完成したので評価。 vvm.hatenablog.com 今回のビールはペールエール系の材料を使っているので全体的にオレンジ。そこにイーストヘイジーが合わさって、飲みごたえがありそうな良い色。 お次はアロマ。瓶詰め時にネルソン・ソーヴィンのマス…

ヴァイツェン(Ver201909)の出来

こちらのヴァイツェンが出来たので評価。 vvm.hatenablog.com 瓶詰め2週間経過。カーボがしっかり入っていることを確認して開栓。500mlが入る大き目のグラスを準備して、瓶底のイーストまで溶かして入れる。 色は柔らかいイーストヘイジーで100点。アロマは…

ホット・ヴァイツェン(Ver201910)

ヴァイエンシュテファンイーストを使った最後の醸造。今回は温度を極限まで高くして発酵させる。 と言うのも、とあるホームブリュワーのブログで、間違ってヴァイツェンを高温発酵させたらとんでもなく良い香りになったという記事を読んだことがあり(今はブ…

俺のホップが帰ってしまった~海外通販失敗談

手持ちのホップリストを眺めていたら、だいぶ古くなっていることに気づいた。中には2015製造のものもあり。久々にUSから海外通販するかなーと注文したのが7月後半。送料込みで100ドル分のホップを購入。その後8月の前半までUSPSトラッキングシステムで荷物の…

ホッピー・ヴァイエンシュテファン(Ver201909)

今回はヴァイツェンイーストを使ったホッピーなビールを造ることにする。 Batch Size 11リットル Grain bill US2row 70% CaraHell 15% グラニュー糖 15% SRM=5.46 ※今回はアメリカンエールの構成で行くことにした。 CaraHellを初めて使ったけど、結構カラメ…

ヴァイツェン(Ver201909)

夏も終わり、旭岳の初冠雪のニュースが流れた。これからビールを造るのにベストな季節の到来だ。ということで、ヴァイツェン第2弾。 Batch Size 11リットル Grain bill ピルスナー 50% ウィートモルト 50% SRM=3.4 mash プロテインレスト 50℃ 30m インフュー…

ヴァイツェン(Ver201908)の出来

こちらのビールが完成したので評価。 vvm.hatenablog.com 前にも書いた通り、3週間2次発酵したせいで清澄度高い。きれいなので瓶底イーストを入れずに飲んだ。味はきわめてノーブル。ラガーとエールの中間のような味。若干薄いと感じる。しかし、薄い中でも…

ヴァイツェン(Ver201908)

ヴァイツェン月間の始まり。7月の中旬からヴァイツェンイーストを起こして、7月の末に試験醸造してイーストの状態を整えて、お盆休みに今年初のヴァイツェンを仕込んだ。 Batch Size 11リットル Grain bill ピルスナー 50% ウィートモルト 50% SRM=3.4 mash …

ベルジャントリプル(Ver201906)の出来

こちらのトリプルを開栓したのでその報告。開栓したのは結構前だけどね。 vvm.hatenablog.com 色は想定よりだいぶ濃くなってしまった。もっと砂糖の比率あげたほうがよかったのかな。 清澄度は低い。イーストが原因だと思うけどカスミがかっている。 味はば…

ホワイトIPA(Ver201907)

こちらに続いて、 ベルジャンイーストで作るIPAの第二弾。 vvm.hatenablog.com 今回のスタイルはホワイトIPAということで、グレーンビルドはヴィットを手本で、爽快なアメリカンホップをぶち込んでみようと思う。 さて前にも書いたが、ヴィットは小麦玄麦を…

2019のさっぽろ大通ビアガーデン

国内最大級のビールイベント、さっぽろ大通ビアガーデンが始まった。開催期間は7/19~8/14なので、まだ行っていない方はぜひ足を運んで青空の下で乾杯しましょう。気持ちいいですよー。それでは、それぞれのブースから2019の注目を紹介していこう。 サントリ…

ベルジャントリプル(Ver201906)

Wyeast 1214 ベルジャンアビーイーストを使って遊ぶ。 レシピをいろいろ考えたあげく、一発目は正統スタイルを作ることにした。しかもシングルでもダブルでもなく、トリプル。やっぱ、ビール造るなら一度はチャレンジしたいじゃないですか?あのブロンドの液…

2019年上期振り返り

気付いたら7月も後半。上期の振り返りをしておこう。 今回から、試験醸造作品(イーストを起こすための小バッチ品)は評価対象外とする。 ・1月 なし 月2で定期的に醸造しても、冬の発酵が遅くてこんな期間が発生する。 ・2月 シメイレッドクローン シメイレ…