ブラック・セゾン(Ver202206)

オメガイーストのセゾンブレンドを使った醸造の2回目。 前回の出来が薫香と旨味が強かったことから、ローストティを合わせたらいいんじゃないかと、ブラックなレシピで仕込むことにした。 こちらレシピ。Batch size 11リットル Grain bill ピルスナー 75% ミ…

アメリカンエールイースト連作(Ver202202~202205)

Wyeast 1272 Ameican AleⅡを使った連作を振り返る。 こちらサマリ。 No 醸造 瓶詰 サイズ 特長 酵母数(billion) 評価 1 2/27 3/21 11ℓ アメリカンペールエール 80 モルト濃すぎ 2 3/13 4/3 11ℓ アメリカンペールエール 78 バランス良しPA 3 3/27 4/16 11ℓ WI…

アメリカン・WIPA~ホップ探求篇~(Ver202205)

自分のIPAの下手さ加減が2ndドライホップに起因することは、もう多くを語る必要ないだろう。ならばどうやって満足いくホップ感を出しながらIPAにできるのか? 今回はそんなテーマで、ホップ投入量を工夫してみた。 こちらレシピ。Batch size 11リットル Hop …

オメガ・セゾン(Ver202205)

Omega Yeastのブレンドイーストを使ってみた。omegayeast.com ベルジャンとフレンチのブレンドと言うことで、スパイシーでフルーティ、フェノリックな特長を持つとのこと。 レシピはこちら。Batch size 11リットル Grain bill ピルスナー 90% カラピルス 5% …

アメリカン・ペールエール(Ver202203)

3月にアメリカン・ペールエールを題材にしてホップの使い方のボーダーラインを探るってやったけどその続き。 vvm.hatenablog.com 上述のペールエールを仕込んだ後、すぐさま同じスタイルのペールエールを仕込んでいた。しかしこれが全然カーボ入らなくて、表…

アメリカン・ポーター(Ver202204)の出来

こちらのビールを評価。vvm.hatenablog.com 瓶詰めして3週間経過。しかし全然カーボが入らなく我慢できずに開栓した。このイースト、沈みやすいのか眠りやすいのか、ボトルコンディションが進まないケースが多い。 見た目。やっぱカーボが弱い。色は透明感の…

アメリカン・WIPA~ホップ探求篇~(Ver202203)

アメリカンエールイーストを使ってホワイトIPAを仕込んだ。 前回、ホップの量を抑えてよい感じになったので、今回もそれに倣うことに。 vvm.hatenablog.com 今回のホップの構成はこちら。エルドラドのオイル量が多すぎるので少し減らしている。ちなみにギャ…

久々のイースト培養

今日はワクチン接種の副作用で頭がボーっとするので写真だけ。0日目 1日目 なんかもわっといる。 2日目 砂糖水を入れて薄めたら見えなくなった。 4日目 増えてる。やっぱ生きてるのか。 14日目 育ってる。 21日目 育ってる。 以上。

ケルシュ連作(Ver202112~202202)

Wyeast 2565 Kölschイーストを使った連作を振り返る。 このイーストの適正発酵温度は13~21℃幅広く、真冬の醸造でも温度に気を使わなくてよい。 こちらサマリ。 No 醸造 瓶詰 サイズ 特長 酵母数(billion) 評価 1 12/26 1/22 11ℓ 正統ケルシュ 112 色濃いが…

アメリカン・ポーター(Ver202204)

昨年の暮れに造ったチョコレートスタウトが良い出来だったことに気をよくして、今回もカカオニブを使った醸造にチャレンジ。 昨年のスタウトの記事はこちら。めちゃめちゃ旨かった。 vvm.hatenablog.com レシピはこちら。Batch size 11リットル Grain bill U…

アメリカン・ペールエール(Ver202202)

新しいシリーズの始まり。 前にも話したが、自分のIPAは下手くそだ。大量のホップを使うレシピは、どうしてかうまくいかない。今回は、自分のダメダメホップのボーダーラインを測ることを目的として、Wyeast 1272 American AleⅡを使ってアメリカン・ペールエ…

アメリカンラガー連作(Ver202109~202201)

昨年9月から今年1月まで仕込んだアメリカンラガーについて振り返りましょう。 使用したイーストは、Wyeast 2007 PILSEN LAGER。 こちらサマリ。 No 醸造 瓶詰 サイズ 特長 酵母数(billion) 評価 1 9/12 10/16 11ℓ 正統ラガー 100 普通にうまい 2 9/26 10/31 …

ビエール・ド・ギャルド(Ver202202)の出来

こちらのビールが完成したので評価。 ビエール・ド・ギャルドがどんなビールかわからないまま評価。vvm.hatenablog.com 色。明るさのあるアンバー。彩度の変化があってキレイ。カーボはちゃんと入っていたけど、ヘッドはすぐに消えてしまった。 アロマ。ケル…

バド・クローン(Ver202201)

今季最後のラガー。 こちらのスーパードライ・クローンの出来がバド寄りだったので、バド・クローンを仕込むことにした。vvm.hatenablog.com レシピはこちら。Batch size 11リットル Grain bill ピルスナー 80% カラピルス 3% 米 17% SRM=3.7 Mash セルロー…

ホップ入れすぎじゃないの?WIPA~ホップ探求篇~(Ver202202)

vvm.hatenablog.com こちらの記事のWhite IPAを何度か飲む中で感じたのが、俺のIPAって下手くそだってこと。どうしてもホップの草感や刺々しさ、エグミが前面で、ビールをぶち壊してしまっている。クリーンなケルシュイーストを使った醸造だとそれらが改めて…

ビエール・ド・ギャルド(Ver202202)

今使っているケルシュイーストの適合スタイルに出てきたビエール・ド・ギャルド。ぜんぜん知らなかったスタイルだけど、久々に新しいスタイルに挑戦することに。 スタイルの解説はBJCPスタイルガイドを参照。https://www.bjcp.org/style/2015/24/24C/biere-d…

シン・スーパードライの辛口カーブを体感せよ

2022/2中旬からスーパードライ新しくなりましたね。36年目の初のリニューアルらしい。結構すごいですね。 何が変わったのか?HPを見るとこんな情報が。 辛口カーブが急峻になってる!さっそく飲んでみることに。 ただ飲むのも面白くないので、新旧のスーパー…

WIPA~ホップ探求篇~(Ver202201)

WhiteIPAのホップブレンドを探求するシリーズ。今回は違うホップを使ってもオイル構成が同じならば同じ味になるのかを確認。オイル構成は4回目のブレンドを選択。イーストはWyeast 2565 Kölschを使用。 こちらレシピ。Batch Size 11リットル Hop & Spice sc…

ベルジャンエール連作(Ver202110~12)

10月から12月に仕込んだベルジャンエールを振り返りましょう。 使用したイーストはWyeast 1762 BELGIAN ABBEY STYLE ALE II。 こちらサマリ。 No 醸造 瓶詰 サイズ 特長 酵母数(billion) 評価 1 10/17 11/6 11ℓ ブロンド 90 うまい 2 11/7 11/27 11ℓ WIPA 57…

缶詰たい

テレビを見ていたら、最近のクラフトビールは店頭で缶に詰めてくれるんですよ~。ってやっていた。そのお店がマイクロブルワリーなんだか大手なんだか不明なんだけど、確かに缶に詰めていた。ビールの保管は瓶よりも缶が優秀であるが、製缶設備はコストが高…

ベルジャン・ゴールデン・ストロング・エール改めトリペル(Ver202112)

ベルジャン・スタウトの後に、表題のビールを仕込みました。はじめは、デュベルクローンを目標にしてベルジャン・ゴールデン・ストロング・エールを仕込もうと意気込んでいたんですよ。しかし、BJCPに書いているトリペルとの違いを読めば読むほど、造ったビ…

ベルジャン・スタウト(Ver202112)の出来

こちらのビールを評価します。vvm.hatenablog.com 炭酸が弱い。我慢できずに開けちゃった感があるヘッド。色は軽い黒。アロマは、チョコレートのビターな香りと、スペシャルモルトの芳ばしい香り。バニラは弱い。良き。口に含むと、カカオの苦さ。弱い収斂。…

シュバルツなのか?(Ver202111)

シュバルツは、1年に1回は仕込みたいラガーイーストを使った黒ビール。ローストモルトの香ばしさとラガーのキリっとした味の融合が口の中を幸せにする、そんなブラックハッピービールを今年も作ります。と意気込んで仕込んだのだけど、タイトルを疑問形にし…

ラガーイーストの系統

寒い。寒くて寒くてボトルコンディションが進まないです。そんなわけで評価記事を書けない。ベルジャンスタウト早く飲みたーい。 今日はこちらのラガーについて雑談。 vvm.hatenablog.com こちらのラガー、最近バキバキに仕上がってめちゃめちゃ旨い。ビール…

WIPA~ホップ探求番外篇~(Ver202111)

ホップ探求の番外篇。前回のホップブレンドが良かったので、次は違うホップブレンドで同じオイル構成にして、味は同じになるのか?ということを試したいと思っていた。その目的は、自作のオイル含量式の正しさと、そもそもオイル含量が味に正確に反映される…

ベルジャン・スタウト(Ver202112)

今冬のエール仕込みに選択したのは『Wyeast 1762 BELGIAN ABBEY STYLE ALE II』。このイーストが得意なのはBelgian Dark Strongとのことで、そのスタイルあまり飲んだことないんだよね。と言うわけで、レシピをいろいろ探っていたら、Belgian Stoutと言うも…

スーパードライ・クローン(Ver202110)の出来

こちらのビールのカーボが予想以上に早く入ったので評価。vvm.hatenablog.com 色やべー。キレイというより、本家より色が薄いんじゃなかろうか。 アロマは無し。あえて言うなら、製品ビールの栓を開けた時の匂いがする。この手の匂いが自ビールから香ると、…

スーパードライ・クローン(Ver202110)

今期の本番ラガー。スーパードライのクローンを仕込む。 レシピはこちら。Batch size 20リットル Grain bill ピルスナー 70% カラピルス 3% 米 20% グラニュー糖 7% SRM=2.9 Mash セルロースレスト@30℃ 5分 プロテインレスト@52℃ 10分 サッカリフィケーシ…

ベルジャン・ブロンド(Ver202110)の出来

こちらのビールが出来たの評価。vvm.hatenablog.com 11/6に瓶詰めして12/4に開栓。 色は少し暗くて、惜しいブロンド。カーボはまだ弱い。ベルジャンアビーは、エールの中でも特に寒さに弱い気がする。冬に仕込むのは避けたほうがいいかも。 アロマは、干し草…

スターラーを何回か使った感想

最近スターラーを買って、醸造前にイーストを元気にする作業を行っている。今時期のラガー・エールの交互醸造シーズンは、同じイーストの連続醸造ができないので特に必要と感じている。そんなわけで、何回かつかって得た知識を備忘録として記しておく。vvm.h…