2017/12Eの戦績

 メリークリスマス。赤レンガ倉庫は快晴。

f:id:vvm:20171224201140j:plain

 本日クリスマスイヴであることをすっかり忘れて出掛け、街の浮かれた様子でそれに気付いた。ああクリスマスなのだなと。しかし、ひるがえって自分の恰好を見返すと、緑のセーターに赤いマフラーのクリスマスツリーコーデで超恥ずかしかった。どうしてこの服を選んだのだろう。人間の深層心理って不思議だ。

 

 さて戦績日記ということで、醸造したビールを紹介するコーナー。9/11に仕込んだバーレイワインを開栓したので報告する。仕込み記事はこちら。

バーレイワイン(Ver201709) - homebrew diary

 

 写真から圧倒的な濃さ感があふれ出ている。プライミングシュガーは1.5GV目標で入れたのでカーボが弱いが、ヘッドが白くてクリーミー。重いボディーの内側からきめ細かい泡が湧き立つ様子は、まるでエクストラギネスのようで感動。

f:id:vvm:20171224202412j:plain

 口に含むと、モルトのクセとアメリカンエールイーストのエステルと、IBUs101のバランスがGood!!これこれ。求めていたビールに近い。近いのはラグニタスのHop Stoopidだ。まだまだ及ばないけどね。

 サンクトガーレンのバーレイワインと飲み比べてみたけど負けてない。むしろ、アメリカンなスタイルが前面に出ている自分のバーレイワインの方が好きだ。

www.sanktgallenbrewery.com

 

 お次は、先週仕込んだ「適当ラガー」について。これが大変なことになってきた。Wyeast 2001 Urquellイーストのスターターを作っていたのだが、これがスタートしないのだ・・・。というわけで、かれこれ1週間、本ウォートを冷やすだけでイーストを入れていない。そのうち腐るんじゃないか?やばい。よく考えたらラガーイーストのリユースって一回もやったことがない。5~7度の冷蔵庫でラガーイーストを保管して、10度のワインセーラーでスターターを作っているのだが、そもそもラガーイーストのスターターってどんな環境が良いんだ?と、慌ててWebを調べると、「I let it go at room temp」とのこと。

Lager yeast starter | HomeBrewTalk.com - Beer, Wine, Mead, & Cider Brewing Discussion Community.

 

 今から室温に戻してスターターができるのを待つのは遅いので、本日、S-23ドライイーストを入れることにした。これがほんとの「適当ラガー」だ。名は体を表すとはこのことか。ラガーイーストのリユースはもう少ししっかり勉強しよう。

 

 以上。