2022さっぽろ大通ビアガーデン前哨戦

 早速行ってきました、大通ビアガーデン。
今回はビール仲間と品評会してから、ざっと雰囲気を感じとろうと軽めの前哨戦。

 今回行ったのは世界のビールブースとドイツ村ブース。

 こんな感じで時間制限とマスク飲酒をお願いしている。時間制限はどうやって管理するのかなと思ったら、客の善意に任せているようだ。これを機に、移動しながら各ブースを楽しむ飲み方が広がったらいいなと思った。

 天気は曇りでうっすら寒いくらい涼しかった。なんか北海道の夏感があって良い。


 席はソーシャルディスタンスを意識した配置。対面席はいつものアクリル板。これ、声が聞こえないんだよねー。もしかして舌だけでなく耳もバカになってるのか?

 ちなみに、自ビールの品評会は世界のビールブース外のベンチで飲んでました。友人が「浮浪者の飲み会みたい」と言っていたがまさにそんな感じ。ベンチ前に空になったビール瓶並べて、幸せそうにビール談義していたおっさんは僕たちです。

 そこで結構飲んでからブースに移動なので、ブース内の写真を撮り忘れてしまった。飲んだビールはウルケルとペローニ。あらためて飲み比べると、日本人にはペローニが合うんだろうな。って感想。どちらもおいしかったです。
 
 次にドイツ村。ちょっと飲みすぎたかな。味の記憶がおぼろげだ。美味しかった…はず…。値段…。

 楽しみにしていた乾杯音頭は、残念ながらおねぇさんのコールだけ。バイトさんがお立ち台でジュリアナ扇子のようにジョッキを振る乾杯音頭は見られなかった。


 以上、本番は来週としましょう。